【研究結果】睡眠と健康の全て!「質」「時間」の解決策




夜間のスマホやパソコンの使用

過重な労働・ストレス

長い通学や通勤

これらが原因で現れる”睡眠”に関する悩み

あなたも一度は感じた事があるのではないでしょうか!?

  1. 寝付きが悪い
  2. 夜、寝られない
  3. 何時間寝たらよいのか分からない
  4. 睡眠不足が治らない
  5. 睡眠時の障害がある
  6. 自分の睡眠が正しいのか分からない

上記はもちろん
睡眠において一度は感じる悩み】について今回まとました!

あなたの抱える悩み、解決させてください!

睡眠”を怠ると命もキケン!?


まずは睡眠の重要性について解説します。

様々な研究が発表されていますが
健康と睡眠の関連】についてまとめられている研究をご紹介します!

睡眠不足⇒肥満の悪循環

研究①
睡眠時間が6時間未満の人
メタボリックシンドロームや糖尿病のリスクが高まった
(13万人対象のソウル大学研究)

調査の参加者は
4時間~10時間と幅広い睡眠時間の人々で

メタボリックシンドロームや糖尿病のリスクが最も低いのは睡眠時間が7~8時間の人 

という結果がでました。

↓メタボリックシンドロームについての記事はコチラ↓

【お腹ぽっこり…諦めないで!】肥満の不健康さとその危険性、まとめました

2018.08.05

睡眠不足は食欲を高める=肥満

研究②
睡眠不足は摂取カロリーが増える。
英国のキングス大学が172人を対象とした研究(参照:nature

この研究では
睡眠不足の人々のほうが1日の摂取カロリーが平均385kcal高くなったという結果がでました。

 
385Kcalはカップ麺一杯分に相当するもので、毎日続くと
月間で11,500Kcal、
年間で138,600Kcal
も多く摂取してしまう事になります!

この研究結果から
睡眠不足は摂取カロリーを高め、肥満になるリスを高める事がわかりました。

筑波大学の研究チームも
睡眠不足は「太りやすい」食べ物を摂取したくなる欲求と関連があことを発見しました。

研究③
睡眠不足は消費カロリーを減らす。
⇒睡眠不足はだるさを生み出し、1日の活動量を低下させる研究結果がでています
(*1参照)

睡眠不足は
「太りやすい」身体を作るだけでなく
「痩せにくい」身体も作ります。

様々なダイエット方法などが出回っていますが、睡眠一つでもあなたの体重や、体型はコントロールできるかもしれません。

「寝すぎ」でもメタボや糖尿病!?!?


睡眠不足が健康によくないのはわかったとして、

睡眠時間が長い状態はどうなのか・・・

寝るのが好き!
睡眠がストレス発散!

という方もいらっしゃるかと思います。

しかし!!
「睡眠時間は長ければ良い」
というものでもありません。

睡眠過多(平均10時間以上睡眠)の人も
【メタボリックシンドロームや糖尿病のリスクが高まった】という研究もありました。 

また、「休日だけ10時間寝る」という方も
睡眠負債は解消できるかもしれませんが、平日と休日の睡眠時間が大きく違うことは、規則正しい睡眠はできていない状態です。

↓「睡眠習慣」についても関連記事はコチラ↓

【早寝早起き”健康”説】あなたはこうして”不健康説”を信じていた

2018.08.08

睡眠習慣を改善しなければ

  • 肥満
  • メタボリックシンドローム
  • 糖尿病
  • 高血圧

などの生活習慣病の加速・慢性化へとつながります。

逆に、睡眠不足を解消するだけでも肥満の予防につながり将来の生活習慣病予防に繋がります。

この先説明していく【睡眠の解決策】についても理解・実践していただければと思います。

良い睡眠の答えは「ない」!?

ここまで、睡眠の重要性について書いていきました。

睡眠は疎かにする事で、
様々なリスクを高めます。

将来の健康の為にも大切にすべき習慣の一つという事はお分かりいただけたかと思います。

では、一体”正しい睡眠”とはどういうものか・・・

 

何時間寝れば健康になれるのか。

何時に起きれば健康なのか。

 

その答えは正直、ありません。

 

理由としては
人間の体なので個人差があり、その人の生活リズムに合わせた”睡眠習慣”が大切だからです。

しかし!安心してください。

先ほど説明したような
睡眠が原因の一つで引き起こる【生活習慣病、肥満】などの様々なリスクを少なくすることは可能です。

多くの研究結果を元に
オススメできる”睡眠”の仕方、まとめていきます!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です