『栄養ドリンク飲みすぎ=不健康?』成分とその危険性調べてみました!




年齢を重ねるにつれ、溜まりやすくなる「疲れ」

いくら休日を取ってもなかなか体のダルさがとれず、ついつい栄養ドリンクを飲んしまうという方は多いと思います。

 
飲みだした頃は、ここぞ!と踏ん張りたいときに飲んでいた!しかし気付けば毎日飲んでいる・・・

という方はいらっしゃいませんか?

そんな栄養ドリンクの飲みすぎに潜んだ危険性について今日はまとめます。

知ってほしい!栄養ドリンクの成分


栄養ドリンクには、様々な成分が入っています。

アリナミン、ローヤルゼリー、ビタミンB1・・・など元気になるために必要そうな栄養素がズラリと並びます。

でも、それらの栄養素よりも疲労回復に効果がある成分は、「カフェイン」なのです。

栄養ドリンクを飲むと「元気が出た!」と感じられるかと思いますが、その正体は主に「カフェイン」による覚醒効果 です。

 
カフェインの覚醒効果で仕事を頑張れる!

そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそのカフェインも危険性の一つなのです。

栄養ドリンクの危険性

前節でも少し触れましたが「栄養ドリンクを飲みすぎると引き起こす危険性」について説明します。

主に下の二つです。

  • カフェインの中毒性
  • 糖質の過剰摂取

順番に説明していきます。

カフェイン摂り過ぎ=健康被害!?


カフェインと言えば、コーヒーや紅茶などよく飲まれる飲み物にも含まれ、適量を摂取すれば、眠気を覚ましたり、頭をスッキリがスッキリと冴えるという効果があります
。(参照:食品中のカフェイン ※食品安全委員会)

しかし、カフェインの過剰摂取は重大な健康被害が潜んでいます。

以前、栄養ドリンクの飲みすぎで働き盛りの男性が亡くなったというニュースがありました⇒参考 ※J castニュース 

身近な成分である、カフェインで亡くなってしまうというのはとても恐ろしいことですよね。理由は、カフェインの摂取量が致死量を超えたこと(カフェインによる中毒死)にありました。

12本、栄養ドリンクを飲む分にはカフェインの摂取量が致死量を上回ることはありませんが、疲れを吹き飛ばそうと常用すると大変なことになってしまいます!

適切なカフェイン摂取量

ここで、成人男性の一日のカフェイン摂取量の目安を見てみましょう。

★カフェインの一日の摂取量の目安:約400mg
★栄養ドリンク1本のカフェイン:約50mg(メーカーや種類によって様々)参考:カフェインの過剰摂取について ※農林水産省

単純にみると、一日8本以上飲まないと健康を脅かすことはなさそうです。

しかし、カフェインが含まれているのは栄養ドリンクだけではありません。日常生活でカフェインが含まれるのは以下が挙げられます。

  • コーヒー1杯:60mg
  • 眠気冷まし用のドリンク:100mg以上
  • ほうじ茶、ウーロン茶:20mg

もし、あなたが栄養ドリンクに加え、コーヒーやお茶を頻繁に飲むのであれば、カフェインの過剰摂取をしている可能性もあります。

【栄養ドリンクの飲みすぎで死亡】というとどこか現実味がない話のように思います。

カフェイン中毒と見られる症状で救急搬送された例は、2011年度からの5年間で101件という報告があります。 

参考:カフェインの過剰摂取は危険 厚労省が注意「健康リスクを知って」 ※日本生活習慣病予防協会

日々の生活であまり気にならない「カフェイン」に少し気を使ってみても良いかもしれません。

【糖質たっぷり】な栄養ドリンク


次に、栄養ドリンクが含む「糖分」に着目します。

とある栄養ドリンクでは「原材料:糖質(砂糖)」とあり、成分表は「炭水化物20g」とあります。(炭水化物=糖質)

これに対し、人間が一日で最低、必要とする糖質量は【100g】とされています(※厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」2015年版より)

簡単に言うと、栄養ドリンク一本で【一日の必要量の5分の1近くが摂れてしまう】という事になります。

糖質が気になるあなたへオススメの置き換え

栄養ドリンクを欲するのは疲れているときが多いです。

そんなときは血糖値も低く、体が余計に糖分を欲しがります。

そんな時は、以前「チョコレートダイエット」でもご紹介した【カカオが多く含まれたチョコレート】を活用しましょう。

甘いのが苦手な方でも、今は甘さがほとんどないカカオが主原材料のチョコレートも多いです。

重要なのは『栄養ドリンクに含まれる糖分が多い』と認識する事です。

栄養ドリンクとの適切な付き合い方


栄養ドリンクのご利用にあたり、カフェイン中毒糖分の摂り過ぎには十分注意しましょう。

・・・といっても、すでに栄養ドリンクをよく飲む方は、急に栄養ドリンクを止めるのは不安になりますよね。そういった方は、まずは

〇栄養ドリンクでも11本まで。などメーカーの規定もあるので、その確認。
〇栄養ドリンク以外の一日のカフェイン摂取量を減らす。

これらに注意して、健康のリスクとなることを減らしていきましょう。

根本として、栄養ドリンクに頼ることのない規則正しい生活が理想的ですが・・・

まずはできる事から取組み、将来的なリスクを軽減できるよう、努めてみてはいかがでしょうか!?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です