【日本酒”最新健康説”】やはり本当だった。覆された日本酒不健康説




 
日本酒で失敗経験があるから嫌い!

日本酒を避け気味であったあなたにも朗報です!

適量な飲酒は健康・美容に良い…そんな噂を聞いた事がある人も多いのではないでしょうか!?

一部で話題の【日本酒健康説】について、今回調べてみました!

【日本酒健康説】は正しいのか・・・
学術的にみていきます!

日本酒の定義

まず、焼酎やビール等ではなく
なぜ「日本酒は健康」なのか・・・

日本酒の定義をご覧ください。

【日本酒の定義】
① 原料に必ず「米」を使うこと
②「こす」という工程を必ず入れること
酒税法第3条第7号に規定


原料として
「米、米こうじ」が含まれているものを清酒(日本酒)と呼ぶことを定めているのです。
(日本酒造組合中央会運営サイトより引用)

この
定められた原料を使用している事
が「日本酒は健康、美容に良い」とされる理由でもあるのです。

その効果について、次項にてまとめています!

日本酒の健康効果

栄養価が抜群の「日本酒」

Closeup Photo of Sprout

滝澤行雄さん
「日本酒には栄養価に富む微量成分が多く含まれています。

日本酒と健康について長年研究されている
「秋田大学名誉教授 滝澤行雄さん」はそう言います。

日本酒には他の酒類にはない
【アミノ酸、有機酸、ビタミン】
など120種類以上の栄養成分があります。

成分名は置いておいて、日本酒に含まれる栄養成分がどのような効果があるのか…ご覧ください!

【日本酒の効果】
・内分泌・循環器系機能の調整
・成長ホルモンの分泌
・免疫機関の維持
・消化管の保持
・心疾患のリスク軽減
・生活習慣病の予防
・がんの予防
・糖尿病の予防
・老化の抑制
・美容・アンチエイジングの効果

 

ご覧の通り、かなり多くの効果が見込めます。

日本酒は、人間の持つ機能を正常に動かしてくれて、様々なリスクを軽減してくれるのです。 

特に「命の源」とされる多くのアミノ酸
日本酒にはバランスよく含まれているようです!

このアミノ酸は美容効果も絶大といわれており、日本酒は女性にも嬉しい飲料であることが分かります。(以下リンク参照)

日本酒は酔える化粧水?! アミノ酸たっぷりで肌にもよかった!
出典:日経gooday

研究結果で解説します!

Free stock photo of books, students, library, study
日本酒の栄養価が豊富で健康・美容にも効果的なのはご理解いただけたかと思います。

 
「でも本当かな・・・」
「情報が曖昧なのでは!?」

そんなあなたへ
実際に発表されている研究結果をご紹介します

学術的に解明されているものなので「~らしい」という内容ではなく結果として得られたものをご紹介します。ここで信ぴょう性を多いに高めていただけたらと思います。

研究①

日本酒に多く含まれるアミノ酸がガン増殖を抑制
出典:日経Gooday

研究②

酒「粕」も百薬の長 酒粕から血圧を下げるペプチド
出典:月桂冠総合研究所

研究③

米麹に含まれるデフェリフェリクリシンに抗酸化作用を確認
出典:月桂冠総合研究所

研究④

米麹に含まれるデフェリフェリクリシンに美白効果を確認!
出典:月桂冠総合研究所

「米麴」「酒粕」最強説

先ほどの研究でもでてきておりました、日本酒の成分

「米麹」
副産物の「酒粕」

これらはかなり効果的な成分の一つですのでその効果をまとめました!

  1. 日本酒をヒトの膀胱がん、前立腺がん、子宮がん細胞に加えたところ、各ガン細胞を死亡または壊死させた
  2. 酒粕中に血圧上昇を抑制するペプチドを発見
  3. ビタミンEより強いメラニン抑制効果を示し、さらにビタミンCよりも強い美白作用がある
  4. 米麹を摂取することで、体内の活性酸素種を減少させ、疾病のリスクを低減させる可能性も期待される

日本酒の原料である「米麹」
日本酒をしぼるときに出る副産物「酒粕」

これらの健康・美容効果はかなり注目ですネ!

参考:月桂冠総合研究所

他の酒類にはない製法、原料だからこそ特殊で人間の体に効果的な成分が含まれていたのですね。

日本酒で頭も良くなる!?

ここまで研究結果を添えて健康、美容効果について説明しました。

確かにその効果は確かなもので、日本酒の飲酒で失敗した方は飲み方を見直して飲みたい…と思っていただけたでしょうか!?

さらに、秋田大学名誉教授の滝沢さんはこんなことについても言及しています。

滝沢さん
日本酒は、学習、記憶能力を改善させることがわかっています
日本酒の成分内のなかでも
この学習、記憶能力を改善させる「ペプチド」
が欧米でも話題になっているそうです。
学習・記憶能力だからといって子供に日本酒は飲ませてはいけません!大人の学習・記憶能力を改善・認知症予防にも活用できそうですね!

日本酒不健康説について

飲酒をしすぎると不健康になる・・・

そんな説もありますのでここで言及します。

【たばこと飲酒は不健康】

とセットで言われる事がありますが、それは不健康な飲酒習慣による一説だと思います。

こちらの研究結果をご覧ください。

たばこと飲酒習慣をレベル毎に分け、循環器系疾患のリスクを比較しています。

たばこ、飲酒、肥満-不健康な生活で循環器病のリスク4倍超
出典:糖尿病ネットワーク

研究結果をまとめると
適量の飲酒は疾患発生のリスクは高めることなく、
これまで書いてきた効果を得ることができるという事です。(詳細は以下リンク参照)

「たばこの吸い過ぎに伴う、お酒の過剰摂取」

不健康説の記事などを読んでみると、これらの一般的イメージを利用して不健康説はできてしまっているようです。

先にも書きましたが、やはりお酒としっかりとした付き合いができる方にこの日本酒健康説は発動すると思います。

参考:飲酒のガイドライン(厚生労働省:e-ヘルスネット)

日本酒は生かすも殺すもあなた次第

見事な効能の「日本酒」

・・・その原料や製造方法から他の酒類にはない効果は確かにあります

しかし先程書きました
「不健康説」も飲酒習慣や量を間違えたら確かなものとなります

お酒を飲むと気が大きくなったり、楽しくなり理性がきかなくなる事もあるかもしれませんがその先にある不健康や疾患のリスクを忘れないでいただきたいと思います。

特に今回取り上げた日本酒は健康効果のあるとして多数のエビデンスがあります。

味的に、度数的に無理‥そんな意見もあるかもしれませんがもし可能であるならば微量でもチャレンジしてみましょう!

あなたが正しい飲酒習慣を実施すれば日本酒は健康に

そうでなければ日本酒も不健康を及ぼすものとなってしまいます

ぜひ
日本酒の良さを生かしながら、日本酒を楽しんでください。

↓Belinose Pickup↓

【情報の捉え方】本当の健康を得るために絶対に必要なもの

2018.10.30




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です