【生活習慣病の危険性】毎日のあなたが行動が創り出す…。




 

日本の死亡者60%を占めている

生活習慣病

その実態をご存知でしょうか!?

 
「生活習慣病になったらやばい・・・」
 
「なんとなく生活習慣が悪くなったら発症するもの・・・」

健康に良くないのはなんとなくわかっていても、詳しくは覚えていない人も多いかと思います。

生活習慣病

重大疾患の発症
QOL(生活の質)低下】を引き起こすもので、決して見逃してはいけません。

改めて危険性や重要性を理解しておくと、
ご自身や大切な人の健康を見直すきっかけになると思います。

生活習慣病ってなんだ!?
と思った時に是非一度、読み返してみてください。

生活習慣病とは・・・


生活習慣病とは
食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」のこと

※参照 厚生労働省紹介
スマート・ライフ・プロジェクト」より

「生活習慣病」という病気があるのではなく、生活習慣が原因で引き起る疾患をまとめて「生活習慣病」と呼んでいるのです。

ですので皆さんの聞き覚えのある多くの疾患が、生活習慣病に該当しており日本の死亡者の60%を占めているという理由がよく分かるかと思います。

生活習慣病の症状

生活習慣病には自覚症状がありません。

そのため「サイレントキラー」とも呼ばれています。

サイレントキラーとは《静かな殺し屋》《忍び寄る殺し屋》と意味し、病気だと分かる症状が現れないまま進行し、致命的な合併症を誘発する病気のこと 

 

 
症状はでないけど、最終的には致命的な病気を誘発する・・・

大げさかもしれませんが、生活習慣病はそれくらい重く考えていただいても良いです。

【生活習慣病の根底】見直してもらいたい「原因」の一覧はコチラ

ではどのような生活習慣が悪影響を及ぼすのか、以下の6つが特に多いものです。

  1. 食生活
  2. 睡眠習慣
  3. 運動習慣
  4. ストレス
  5. 喫煙
  6. 飲酒

これらの生活習慣が悪い状態で年齢を重ねていくと自覚がないまま「肥満、高血圧、高血糖」などへと繋がります。

まずは生活習慣病予備軍になり、悪化すると生活習慣病者が出来上がってしまいます。

生活習慣病の種類

ここで、先ほどあげたような生活習慣がどのような疾患を引き起こすのか、例を挙げます。

食習慣が悪いと
糖尿病、肥満、循環器病、大腸がん、歯周病
運動習慣がないと
糖尿病、肥満、高脂血症
喫煙を改善しないと
循環器病、慢性気管支炎、肺気腫、歯周病
飲酒習慣が悪いと
アルコール性肝疾患等

皆さん、聞いたことのある病気もあるかと思います。

もちろんここにある疾患だけではありません。

また、これらの病気は
【重症化する恐れがあり、決して軽視できないもの】である。という事が特に重要です!

塵も積もれば山となる

まさにこの言葉が的確で
「日常生活での様々な行動が大きな病気に繋がる」という事です!

【生活習慣病の危険性】悪循環に陥る典型例

  • がん
  • 脳卒中
  • 虚血性心疾患(心筋梗塞など)循環器病

これらは生活習慣病が根本の原因とされていて、なおかつ、日本人の死因上位疾患です。

死に至るほどの重大疾患ですが、
生活習慣病とどのような関連となるのかまとめました。

重大疾患に至るまでの悪循環

①若いころからの【悪生活習慣】
(生活習慣病予備軍)

②【悪生活習慣の蓄積】が原因で、
生活習慣病を発症

③それでも生活習慣を見直さず
【悪化】【重症化】
(重大疾患の発症)

④生活機能の低下・要介護状態
(QOL低下) 

生活習慣病は
ご自身の体にも大きな負担となり、QOL(生活の質)低下が著しくなります。

上記の例のように、生活習慣病は自覚症状がないまま進行・悪化していき、大きな疾患を引き起こしてしまうのです。

QOLとは
=Quality of life(クオリティ オブ ライフ)
「生活の質」「生命の質」などと訳され、身体的な苦痛の軽減、精神的、社会的活動を含めた総合的な活力、生きがい、満足度という意味が含まれます。
※参照:東京ミッドナイト先端医療研究所

そしてこの先には更なる悪循環が生まれます。

  1. 自分の生活に不自由さが生まれる
    ⇒ご自身の精神的負担
  2. 介護状態で周囲の人へ負担が増大
    ⇒周囲への精神的・身体的負担
  3. 生活習慣病になりやすい生活習慣を、自分の家族にさせてしまう
    子供の生活習慣病リスクが増大
    ⇒家族の身体的・精神的負担発生

 

ご家族への精神的・身体的負担は
家族の関係にも影響が出てくる可能性がありますね・・・。

生活習慣病を発症させない為には!?

「自分の体だから」といって
”健康には興味がない”
もしくは
健康を害する行為(生活習慣を見直さない)事は前項で説明した通り、周囲の人に影響を及ぼす可能性が極めて高いです

さらに仕事をしている人は、会社や社会にも影響を及ぼす事もあります。

決して自分ひとりの問題ではありません

今一度、生活習慣を見直してご自身の将来に備えましょう。

 
もう遅い・・・
 
今更関係ない!!

そう思ったあなたも、まだ諦めず
大切なを思い浮かべて考えてみていただければと思います。

生活習慣病について理解して、ご自身の生活を見直そうと思っていただけたら幸いです。

今日のあなたが
生活習慣病を生み出し
進行させます
 

ご自身の行動・習慣に責任をもって
「健康」を目指しましょう!!

参照

日本生活習慣病予防協会

厚生労働省ホームページ

スマート・ライフ・プロジェクト

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です