【研究結果で証明!】コーヒーの健康・ダイエット効果について




皆さんはコーヒーに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか!?

 
最高の飲み物・苦くてまずい・眠気覚まし…etc
様々だと思います。

以前「日本酒と健康」についても記事を作成しましたが、新たな情報としてコーヒーも健康に良いとの研究報告もありました。

学術的根拠のある研究と全日本コーヒー協会HPの情報を元に、【コーヒーの健康真実】について紐解いていきます!

コーヒーは健康の諸説


まずはコーヒーの効果について噂されているものを挙げてみます!

「自律神経の働きを高める」
「集中力を高め作業能力を向上させる」
「ダイエット効果」
「運動能力を向上させる」
「死亡リスクの低下」
「炎症を抑える」
「糖尿病の予防に効果的」

その他にも様々あるとは思いますが、以前の「日本酒と健康」同様、コーヒーにも多くのウワサがあり期待大な飲み物です。

その情報や効果は本当なのか…これから皆さんがコーヒーに対するイメージをしっかりもてるように次項からご説明していきます

健康説は本当か…!?

諸説をみていくと、【集中力】【健康に良い】【病気にも効果的】といった内容です。

実際に発表されている研究でその諸説について考えます。

  1. ダイエットにも効果的・脂肪消費量の増加
    引用:コーヒーが本来持っている健康機能を引き出す技術
    ※花王ホームページ
  2. 糖尿病との関連
    引用:精神的要因、コーヒーと糖尿病との関連について
    ※国立がん研究センター
  3. がん・死亡率が下がるコーヒー
    引用:コーヒー摂取と肝がんの発生率との関係についてコーヒー摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について
    ※国立がん研究センター

上記リンクに詳細があります。内容が難しいので根気強く読める方は読んでみてください。

◎研究結果の要約

①コーヒーの摂取により脂肪消費量が上昇した【ダイエット効果があった】

②統計学的に見てコーヒーは糖尿病リスク・がんリスクを軽減させた【病気に効果的であった】

これらの効果が「噂」レベルではなく、「研究結果」として証明されました

健康に良いことはわかったとして
なぜそうなるのか・・・もっとコーヒーの事を理解すればコーヒー好きになるかもしれません!

なぜ健康に良いのか!?

研究の結果にもあるように、コーヒーは健康に良い。ではなぜ健康に良いのか…成分とその成分の効果を紐解けば腑に落ちるかと思いますのでご説明します。

  1. カフェイン
    コーヒーの代表的な成分です。

    カフェインの特徴的な健康効果
    「血管内皮の機能改善」「気管支の拡張」・・・簡単に言いますと、カフェインには体内の一部の機能を改善する働きがあり、コーヒーの摂取により死亡のリスクを軽減してくれるのです。

    引用:コーヒーを飲むと、死亡リスクが減る。※全日本コーヒー協会

  2. ポリフェノール
    赤ワインに多く含まれ、心疾患の死亡リスクを下げる効果があるとされる「ポリフェノール」。実はコーヒーに含まれるポリフェノールの量はその赤ワインと同等なのです。ポリフェノールはそのほかにも体に良いという様々な報告があります。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
    参考:ポリフェノールの種類と効果と摂取量
    ※公益財団法人長寿科学振興財団、健康長寿ネット
ただこれらの成分が含まれているのではなく、他の食べ物や飲み物よりも成分量が多いことがポイントです。成分量が多い分効果も得やすく、「健康に良い」といわれる理由がよく分かるかと思います。

【まとめ】
コーヒーは飲むべきか

皆さんは「野菜=健康」と小さい時から親や学校の先生に言われてい来たかと思います。

それは、野菜に含まれる成分が体に良いことが証明されており、皆さんの家庭までその常識が浸透していたからです。

コーヒーや日本酒もそうですが多くの飲食料品には様々な成分があり、その成分がもたらす効果について近年研究が進んでいます

ここまで説明した研究結果やコーヒーの成分をみても「コーヒー=健康」は当たり前の事で「野菜=健康」と皆さんになじみ深い情報と同等レベルと思っていいただいても良いかと思います。

そしてこの新たな情報を親から子へ、多くの方へ浸透していってほしい情報です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です