もう失敗しない【チョコレートダイエット】を成功させる秘訣を専門的に解説!




 

女性にとってダイエットは永遠の課題。

今までも多くの「〇〇ダイエット」が流行っては廃れていきました。

今回ご紹介する【チョコレートダイエット】は、ダイエットの基本である食生活を管理し、チョコレートを補助食品として活用するもの

この方法であれば効果的なダイエットが実現できます。

ダイエットの基本構造

ひと昔前は単に痩せていれば良かったものの、現在では健康的で筋肉やハリを保った美しい体が理想とされています。

しかし人間は年齢を重ねていけばいくほど、代謝が落ちて痩せにくくなるのが現実で、悲しいことにこれには抗えません。

ダイエットとは本来
摂取カロリー<消費カロリー
であれば痩せるというとてもシンプルなもの

日頃の運動不足で消費カロリーが足りず、代謝が下がってしまうと食べたカロリーをなかなか消費できません。

この小さな蓄積で人は太っていくのです。

では〈摂取カロリー>消費カロリー〉にするにはどうすればいいのでしょうか?

運動をして消費カロリーをあげるのは非効率

前章で解説したように

摂取カロリー>消費カロリー

にするには①摂取カロリー(食べる量)を減らす②消費カロリー(動く量)を増やす

どちらかになります。

②の場合、例えば

1kgの脂肪を落とすには、7000キロカロリーを消費しないといけません。

例えば
ランニング30〜60分で消費できるのは約240キロカロリー。

約一時間のランニングを30回近く行わないと7000キロカロリーには及びません。

「なんだか気が遠くなりませんか?」

痩せたいなら①のように消費カロリーを増やしまくるよりも摂取カロリーを減らす方が圧倒的に早く、オススメです。

規則正しく栄養価を適量しっかりと摂取すればいいだけです。ただ、たくさんの誘惑に負けず、自分を戒める力がないと難しいもの・・・。

しかしその戒めをしてくれるのがチョコレートだったらどうでしょうか!?

チョコレートダイエットは端的にいうと

チョコレートを活用して、日々の過食(過剰な摂取エネルギー)を防止する

というところが目的です。

また、そこにどうせチョコレートを選ぶなら【より体に良いチョコレート】が良いかと思います。

あなたのダイエットを支えてくれるチョコレート

その成分や効果ともに解説致します!

チョコレートって太らないの?


チョコレートはダイエットの天敵のように思われている代表的なおやつです。

しかしそれは
チョコレートではなく「チョコレート菓子」を食べているからなのです。

チョコレートのパッケージにある成分表示を見てみましょう。

成分表示は基本的に入っている量が多いものから書かれています。

市販のチョコレートは実は「砂糖」から始まっているものがほとんどです。

チョコレートだと思って食べていても、実際は砂糖まみれのチョコレート風おやつを食べていたのです。

・・・これではやはり痩せません。

【オススメ】高カカオのチョコレート

ここでオススメなのがカカオ70%以上のもの、いわゆる「高カカオ」のチョコレートです。

理由は3点あります!!

  1. カカオの割合が多いと、ミルクや砂糖の割合も少なく、より高いダイエット効果が得られる。
  2. 高カカオは血糖値の上がりにくい食べ物でダイエット効果が期待できる。
  3. 高カカオは便通改善に効果が期待できる

添加物が入っていない、なるべくシンプルな成分のものを選びましょう。

できればオーガニックチョコレートがオススメですが、もちろん一般的なチョコレートでも構いません。

カカオポリフェノールの効能

チョコレートに含まれる「カカオポリフェノール」。

この効果が絶大で、チョコレートを「より活用したい」と思っていただけるかと思います。

抗酸化作用
シミやそばかすなどの原因となる活性酸素を除去し、肌のダメージを保護してくれます。
血圧低下
血管を広げる作用と、血管の炎症を軽減する作用によって血圧が下がります。
アレルギー改善
アレルゲンに対して抗体が作られるのを防止し、肥満細胞から出るヒスタミンを抑えてくれます。
動脈硬化予防
LDLコレステロールの酸化を抑制する働きがあり、血管のしなやかさも増えます。同時にHDLコレステロールも増えるので動脈硬化の予防にも働きます。

チョコレートはあくまで補助


チョコレートの活用方法としては

栄養に偏りのない食生活をしながら

食事の10分〜20分前に高カカオのチョコレートを食ることです。

とても簡単でシンプルです。

食事の前にチョコレートを摂取することで血糖値が上昇し、

脳が満足感と満腹感を感じて食事での過食を抑えてくれるからです。

1日の目安は約50グラムで板チョコ約半分。

たとえ高カカオのチョコレートでも食べ過ぎてしまうのはNGです。

上記の使用方法のように、あくまでもチョコレートはメインではなく、基本の食事の補助として使いましょう。これで巡るカラダへと変わって行きます。

さらに引き締めやヒップアップなどを狙う場合は筋トレや運動も取り入れてくださいね。

まとめ

チョコレートダイエットはチョコレートの質がとても重要です。

購入するときにはしっかり成分表をチェックしましょう。

チョコレートに限らず、食品を買う際に成分表をチェックするクセをつけると、添加物だらけのものからは自然と遠ざかるようになります。

基本の食事をバランスよく食べ、小腹が空いたときにチョコレートを食べる「チョコレートダイエット」で、ぜひ健康的なカラダを手に入れてくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です