【数字で証明】玄米のダイエット・健康効果まとめました!




 

「どうせ食べるなら玄米!」

玄米は、独特の香りがあり
近年の健康ブームで栄養素が豊富でヘルシーな食材として注目されています

お米、麺類、パスタやイモ類など
主食は様々ですが
玄米ほどダイエットに適した主食は無いといっても過言ではないでしょう。

本日は、その理由を栄養素の数字等、
根拠のあるデータを活用して説明していきます!

【玄米=健康の理由】
豊富な栄養素

日本では「玄米=ヘルシー」のイメージが定着しています。

通常の白米と比べ
実際にどれほどの栄養素の違いがあるか…
数値化して比較してみました。

以下の表が玄米と白米の栄養成分表です。

白米100g当 玄米100g当
エネルギー 356Kcal 350Kcal
たんぱく質 6.1g 6.8g
脂質 0.9g 2.7g
炭水化物 77.1g 73.8g
灰分 0.4g 1.2g
ナトリウム 1mg 1mg
カリウム 88mg 230mg
カルシウム 5mg 9mg
マグネシウム 23mg 110mg
リン 94mg 290mg
0.8mg 2.1mg
亜鉛 1.4mg 1.8mg
0.22mg 0.27mg
マンガン 0.8mg 2.05mg
ビタミンE 0.2mg 0.3mg
ビタミンB1 0.08mg 0.41mg
ビタミンB2 0.02mg 0.04mg
ナイアシン 1.2mg 6.3mg
ビタミンB6 0.12mg 0.45mg
葉酸 12μg 27μg
パントテン酸 0.66mg 1.36mg
食物繊維
(水溶性)
0.7g
食物繊維
(不溶性)
0.5g 3.0g

科学技術庁資源調査会《五訂日本食品標準成分表》より

●カロリー量
●糖質を含む炭水化物
●タンパク質の量

は、特別大きな違いはありません。

玄米と白米の大きな違いは【栄養素】です。

☆脂質
☆食物繊維
☆ミネラル
白米よりも玄米のほうが栄養素が多く含まれている事が表を見ていただければ分かります。

 

なぜなら玄米⇒白米になる過程では【ぬかを除去する作業】があり、この時栄養素も一緒に流出してしまいます。

要は、白米になる前の玄米には栄養素が豊富なのです。

玄米の具体的なダイエット効果

白米に比べて
玄米の栄養素は格段に高いことが先ほどの表からわかりました。

では、実際にはどのようなダイエット効果があるのか。

各栄養素ごとに検証していきます。

脂質がもたらすダイエット効果

先ほどの表にもあった通り
飽和脂肪酸
●不飽和脂肪酸
どちらも白米より、玄米のほうが豊富な量となっています

「脂肪は人間の体に不要」と思われがちですが、不飽和脂肪酸は良質で人間の身体に必要な脂質です。 

最近注目されている
魚介類
の良質な脂質である
「オメガ
3EPADHA」
多価の【不飽和脂肪酸】に分類され、必須脂肪酸とも呼ばれています。

不飽和脂肪酸の効果

  1. ダイエット効果
    血糖値やコレステロール値を低下させ、脂肪への転換率を抑える
  2. 血流改善効果
    ⇒疲労物質や老廃物の除去にも繋がり、デトックス効果や疲労回復を促す 

これらの
飽和脂
肪酸・不飽和脂肪酸
どちらも【玄米は白米の約3倍多く】含まれています。

脂質も多いから太るんだ・・・

もうそんな悲観をする必要はありません!

脂質を摂取している事は悪いことばかりではないのです!

食物繊維=健康・ダイエット効果抜群!



  • 「水溶性」
  • 「不溶性」

食物繊維には2種類ありますが
どちらも【白米よりも玄米の方が多く】含まれております。

「水溶性」「不溶性」それぞれの効果を見ていきましょう!

水溶性食物繊維

血糖値の急上昇の防止
この食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにして、血糖値の急上昇を抑制します。
※血糖値の急上昇は、糖質を脂質として体内に貯め込む働きを促す為、ダイエットにも、とても重要です。

ダイエット効果
玄米に含まれている水溶性食物繊維
お米の糖質が体内で脂肪に変換されないようにすることで、ダイエットを手助けしてくれます。

不溶性食物繊維

ダイエット効果
食べ物から水分を吸収して数十倍に膨張する特徴があります。これにより満腹感を覚えやすくなり、食べる量を無理なくコントロールできます。

デトックス効果
便秘解消や体内の不要な物質や老廃物を洗い流してくれます。

 
水溶性、不溶性どちらも
健康・ダイエット効果が多いに見込める、成分が玄米には多いのです!

ダイエットで不足しがちな
【ミネラル】が豊富

カルシウム、鉄分、ビタミンB6、マグネシウムなど

ミネラルが白米よりも
約2~5倍程、玄米からは摂取が可能です。

ミネラルのダイエット効果を各成分ごとにまとめます。

【鉄分】赤血球の構築に必要な栄養素
効率よく脂肪を燃やす為にも、
食事から鉄分を補って、赤血球の合成を促す事がでダイエット効果が期待できます。

【マグネシウム】
骨や歯、筋肉の合成のみでなく、糖質からエネルギーを生産する酵素の働きを助ける働きがあります。

マグネシウムの摂取は、
糖質をエネルギーとして利用しやすくなります

⇒脂肪として蓄えられる糖質の量が軽減されることでダイエットに貢献。

※身体がエネルギー切れになりにくい為、疲れにくくなり、よりパワフルに筋トレなどのエクササイズに取り組めるなどの効果も期待できます。

【その他】
玄米には
亜鉛、葉酸、パトテン酸、リン、ナイアシンなどのミネラルも多く含まれています。

玄米は、ダイエットで不足しがちな様々なミネラルを補給してくれ、健康面からみても万能な食べ物なのです。

玄米だけ食べればダイエットは成功?痩せるの?

栄養素からみた、様々な
玄米のダイエット効果】ですが、玄米を食べれば痩せるのか・・・

の答えはNOです。

先ほどの表を見ても分かるように、
玄米には白米とほぼ同量のカロリーがあります。

必要以上に摂取量を増やせば、
消費されないカロリーは脂肪として蓄えられ、太ってしまうかもしれません。

ただ玄米を食べるだけではダイエットにならないのです。

これは玄米のみではなく
どんな食品に対しても言えることです。

身体は非常に長い月日をかけて出来上がる傑作です。

真実はやはりこうです!

当サイトでは正しい知識を身に着けて、
確実にダイエットの成果に繋がる情報を発信したいと思います。

私たちの周りには、
○○を食べるだけで10キロ痩せる」
などの信頼性や根拠のない情報に溢れているので、本当に信頼性のある情報を発信する必要があると感じています。

玄米に限らず、食べただけで簡単に痩せられる食品は存在しません!!


ダイエットは継続が何よりも大切で、
確実にダイエットを成功させる秘訣です。

玄米を食べるだけではダイエットになりませんが、玄米を賢く利用することで、リバウンドのないダイエット効果が現れるでしょう!

最新の知識や根拠のあるダイエット方法を貴方のライフスタイルに落とし込み、効率よくダイエットに取り組むことを強くお勧めします。

【白米から玄米に切り替え】効率よくダイエット!

ここまでまとめた内容を踏まえ、
毎日の主食である白米を玄米に切り替える事で、良質な脂質、食物繊維やミネラルを欠かさず摂取できるようになるでしょう。

短期間で劇的な変化は望めませんが、継続することで、確実に変化が表れます。成分がそれを証明しています。

ダイエットを玄米のみに頼るのではなく、適度な運動や他の食事のコントロール、食べる時間帯や食べる順番など他の細かな知識も利用しながらダイエットに取り組んでください。

玄米は理想的な身体を手にする方法ではありませんが、ダイエットの補助役として大いに役立つはずです

結論

  1. 玄米は良質な脂質、食物繊維、ミネラルが豊富
    ダイエット効果便秘防止デトックス効果期待される
  2. 【鉄分】が豊富
    脂肪の燃焼率
    UP
  3. ダイエット中に不足しがちなミネラルが豊富、
    ⇒バランスよく栄養摂取できて、吸収率が高まる
玄米は
ダイエットに適したハイスペックな主食。
しかし、ただ玄米だけ食べれば良い訳ではなく、
食事法、適度な運動などと組み合わせ、理想的な身体を手にする補助として利用するべきです。

イエットにも役立つ玄米は、
お米本来の風味も楽しめるので、是非貴方の毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

賢くダイエットに取り組めば、楽しみながら無理なく理想の身体に近づけるはずです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です