”BMAL1”攻略術【食事の時間でダイエット】まとめました!




 
「夜遅くに食べると太る」
 
「昼食べて夜の食事は少な目にすると太りにくい」

こんな噂、聞いたことありませんか!?

実は上記した2つの噂…本当なのです。そして「食べる時間ダイエット」に関係するのが「BMAL1(ビーマルワン)」なのです。

本日は、時間遺伝子といわれる「BMAL1(ビーマルワン)」に着目します。「食べる時間」を変えることでなぜダイエットに効果的なのか・・・本日も調査しました!

BMAL1とは!?


まずは、そのBMAL1についてです。
私たちが普段生活していて実感することはありませんが、私たちの体の中には「BMAL1」という遺伝子があります。

要は全人類の体内に「BMAL1」は存在します。そしてそのBMAL1にはダイエットにかかわる機能があります。

BMAL1は体に脂肪をつける働きがある

そして「食べる時間ダイエット」の所以・・・BMAL1には「脂肪をつける働き」が活発化する時間があるのです。

要するにBMAL1が活発化する時間=人間は「脂肪がつきやすい時間」があるのです
 
BMAL1のせいで脂肪がつきやすくなるならBMAL1を体から無くしたい!

残念ながら、人間のもともと備わった遺伝子であるため、それはできないのです。排除ができないため、BMAL1の仕組みを理解して「良い方向に活用できるように」しっかりこの後の内容をご覧ください。

具体的な内容と対策をこの後ご説明します!ぜひご注目!

「夕食が遅い=太りやすい」食べる時間ダイエット


引用:日本大学薬学部榛葉繁紀教授

上の図をご覧ください。これはBMAL1の時間(横軸)別の活動量(縦軸)を表したものです。表から読み解けるとこを解説しますと・・・

昼の14時
BMAL1の活動量が少ない=体の「脂肪をつける働きが弱い

深夜の2時
BMAL1の活動量が多い=体の「脂肪をつける働きが強い

要は18時以降の時間からBMAL1が活発化するので人間の「脂肪をつける働き」が強くなります。18時と22時に同じ量の食事をしたとしても、22時に食べたほうが脂肪が蓄積されやすいのですね

BMAL1の事を理解することでダイエットを効率的に進めることができると思ったのではないでしょうか!?ここで、もう一つの研究結果をご紹介します。

運動する時間にも注目!

ここまで、「食べる時間」に注目しましたが実は「運動する時間」にも近年研究報告があります。

“エネルギースタンド”としての脂肪組織
引用:同志社大学

論文内で
BMAL1の発現がピーク時に運動トレーニングをするほうが脂肪分解反応が高まる」との発表があります。

要はBMAL1が活発となる時間(夜の22時)等に運動をするほうが脂肪の燃焼に効率が良いという事です。(睡眠時間の確保の意味を込め、24時以降の運動ではなく22時としました)

効果と実践方法のまとめ

いかがだっただししょうか!?食べる時間、運動する時間を少し工夫するだけで「脂肪の蓄積されやすい時間」や「脂肪を燃焼しやすい時間」があるのです。少しでも効率よく、大きな手間なく始められる方法ですので是非お試しください。

最後にBMAL1についてまとめます。

BMAL1を活用したダイエット方法とその効果
①BMAL1が少ない時間に食事をする
⇒22時、深夜になるにつれ脂肪が蓄積しやすくなってしまう為(深夜2時がピーク)、BMAL1が多い時間の多食は控える。②BMAL1が多い時間に運動をする
⇒昼間の時間よりも夜の時間が脂肪燃焼に効果的であるため、睡眠時間を確保しつつグラフ上のBMAL1が多い時間になるべく運動をする
いかがだったでしょうか!?
お仕事や生活習慣上、実践が難しい部分はあったかと思いますがいつかお役にたつときがきたら嬉しく思います。周囲でダイエットにお困りな方がいればぜひこの情報をお伝えください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です