【早寝早起き”健康”説】あなたはこうして”不健康説”を信じていた




「早寝早起きは健康に良い!」

「早寝早起きは体に悪い!」

このように相反した2つの記事をご覧になり「どっちだ?」と疑問をもちませんでしたか!?

私はその疑問をもった一人です。

今回はその疑問を解消するために早寝早起きについて調査しました!早寝早起きはすべきかそうでないかここで結論を出したいと思います。

※本記事は実際に論文として発表されたものや日本生活習慣病予防協会が発表している内容を元に作成しております

早寝早起きの各記事について

まず、早寝早起きについてお調べいただくと

【早寝早起き=健康】記事は
「夜更かしは体内時計が崩れる」等
早寝のしないデメリットや
メリットについても書かれています。

【早寝早起き=不健康】記事は
「睡眠時間を損なう」
「無理な早起きはストレス」
こういった内容が書かれてます。

確かに人間の体の仕組み上、夜更かしは体内時計が崩れて睡眠時間の不規則化を引き起こします

良い睡眠が大切な理由を知ろう 健康づくりのための「睡眠12箇条」
引用元:日本生活習慣病予防協会

しかし、遊び・仕事が理由でいつも22時に寝る人が24時に寝て、無理に早起きをすると睡眠時間が必然的に短くなります。

そうなると睡眠不足で健康には害となります。(睡眠不足が引き起こす弊害は後ほど紹介)

  • 【早寝早起き=健康】
  • 【早寝早起き=不健康】

この二つの提言はどちらも正解ではありますがどちらも間違いといえます。

では、なにが間違っているのか。

睡眠の意義を間違っていた

何が間違いなのか・・・
それは、皆さん「早寝早起き」という言葉に騙されています。

早寝早起きと聞くと
「夜勤の自分は実践できないから不健康だ・・・」「とりあえず、早寝早起きしてたら健康だろ」

そう考えるあなたへ質問です。

『”睡眠”はしっかりできていますか!?』

早寝早起きができていても、しっかりとした睡眠ができていなければそれは不健康です。

しっかりした睡眠とは・・・?

それは【休養を目的とした量的・質的に十分で、規則正しい睡眠習慣】です。

休養には2つの側面があり、
①心身の疲労を回復させる面(休む)
②充実した仕事、家事の為に鋭気を養う

この休養の基本が毎日の睡眠と言われており、この睡眠が量的・質的に悪化してしまうと健康上、問題が発生します。

『早寝早起きしてるけど、実はつらい』

それは十分な睡眠ができておらず自分にあった睡眠習慣ではないため、自然な睡眠ができる時間を見つけなくてはいけません。意識すべきは毎日同じリズムで気持ちの良い目覚めとなる自然な睡眠です。規則正しい睡眠習慣による睡眠の質・量が確保できていれば、生活習慣病のリスクは軽減されます。

大事なのは睡眠習慣です!夜勤など生活習慣が昼夜逆転した方が、睡眠を活用して健康になれないのかというと、そうではありません。

「早寝早起き=不健康」の記事でも述べられていますが【”無理な早寝早起き”で規則正しい睡眠習慣ができていない】これが不健康と謳われる原因です。

「早寝早起きが健康にいい」はウソ 睡眠のプロが語った、眠りにまつわる4つの迷信
引用元:logmi

コチラの記事もそうですが早寝早起きの事は全否定していません。よく読んでいただければわかります。悪いのは睡眠不足や無理な早起きの事で、早寝早起きという規則正しい生活リズムに関しては触れられていません。

要は早寝早起きにこだわらず【規則正しい睡眠習慣】で休養をする。

夜型の人でも毎日の寝る時間、起きる時間をある程度一定にして規則正しい生活ができていれば健康上の問題はありません。

休日の寝過ぎが体調不良の原因に 休日明けの「社会的時差ぼけ」を解消
引用元:日本生活習慣病予防協会

次に睡眠に関する研究についてご紹介させていただきます。この事を念頭にお読みください。

休日だから多めに寝る」は不健康

「良く寝る フリー」の画像検索結果

「休日だし昼まで寝よう~」

そんな方も多いのではないでしょうか!?この習慣は先に書いた【規則正しい睡眠習慣】ができていない事になります。

【平日と、休日で起床時刻が違う】と人間の体に元々備わっている体内時計が狂います下記記事ではそんな体内時計が狂った場合、肥満や糖尿病、心臓の発症リスクが高くなると発表されています。

休日の寝過ぎが体調不良の原因に 休日明けの「社会的時差ぼけ」を解消
引用元:日本生活習慣病予防協会

子供も週末に朝寝坊はすべきではない

「良く寝る フリー」の画像検索結果

日本で小学校5年生から高等学校3年生まで2万人を対象に行われた研究で、夜型で週末に朝寝坊をする生活パターンは、健康が損なわれやすいことが判明した。

睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査の結果
引用元:文部科学省

休日だからと言って、夜更かしして昼まで寝る・・・

睡眠時間だけではなく、毎日の睡眠習慣が大切だという事ですね。

睡眠不足は肥満のもと!

次に、早寝早起きのように寝るタイミングではなく「睡眠の量」に着目して調べました。

早稲田大学と花王の研究グループが行った研究です。

睡眠時間の短縮が肥満リスクを増加させるメカニズムを解明
引用元:花王株式会社HP

結果を述べますと
【睡眠時間が短い=空腹感の増加】すなわち

睡眠不足は肥満につながる事が判明!

睡眠不足が続くと「お腹は空いてないけど何か食べたくなる」

 
そんな経験、私もよくあります。人間の体のメカニズム上、睡眠不足は、食欲に大きな関係があったのですね。

【睡眠の質】についても含めて以下の文章でご紹介いたします。

快眠と生活習慣
引用元:厚生労働省(e-ヘルスネット)

 

【結論】早寝早起きはして良いの!?


ここまでお読みいただきありがとうございます。

結論は「早寝早起きはしても良い」です。しかし!それ以上に大切なのは【睡眠習慣】です

【早寝早起きする条件】
①休日も含め規則正しい睡眠習慣ができている
②早寝早起きが自然と身についている
(無理していない)
③質・量ともに十分な睡眠ができている

 

◇「自分は夜型」
◆「夜勤の仕事だとできない」
◇「無理な早寝早起きは嫌」

そんなあなたでも大丈夫です。
何度も申しますが早寝早起き以上に大切なのは【規則正しい睡眠習慣】です。

もう、「早寝早起き」に縛られる必要はありません。規則正しい睡眠習慣とは寝る時間と起きる時間をある程度一定にすることです。

Aさん:夜23時に寝て朝6時に起きる
Bさん:深夜3時に寝て朝10時に起きる
どちらも睡眠時間は同じです。

早寝早起きか遅寝遅起きかの違いですよね。ここで重要なのは早寝早起きをしているかではありません。

同じ睡眠7時間でも意味合いは異なります。

毎日同じリズムで【休養できているか】がポイントです。

Bさんは寝るのが遅いから不健康そうに思うかもしれませんが、毎日同じ時間に寝て、ぐっすりと眠り良い目覚めができていればBさんの睡眠習慣は”◎”です

早寝早起きをしないからといって、健康に害はありません。しっかり【休養】できる睡眠を毎日規則正しく行えていればあなたは健康です。

早寝早起きはあなたの体質や生活習慣に合っていればいれば良いですが、大前提として【睡眠=休養】であることを忘れないでください。

近年、ネット社会の健康に関する知見も多く出ておりますがこの記事をお読みいただき、皆さまの健康や教育に貢献できたら幸栄です。

ぜひ正しい知識で、健康な生活を送れることを祈っております。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です